肌の乾燥とスキンケアについて

加齢やストレス、気候の変化、食生活の乱れ、間違ったスキンケアによって肌の乾燥は引き起こされてしまいます。肌が乾いてしまうと肌のバリア機能などの仕組みがうまく働かなくなり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。改善するためには、生活習慣などを見直すのと同時に正しいスキンケアを行うことが大切です。肌に負担のかからない正しい洗顔を行って、保湿効果の高いヒアルロン酸やセラミドなどの成分は配合された化粧水などを使っていきます。乾燥が改善されれば、肌トラブルの改善だけではなく美白などの効果も得ることができます。

乾燥肌になる仕組みについて

肌が乾燥する仕組みを知る事はスキンケアに於いて基本とされます。皮膚の水分が蒸発する事が最大の原因です。そうなる要因が皮脂等による肌表面へのバリアの低下が挙げられます。これにより水分蒸発で水分量が低下します。具体的に角質層の部分が水分保持や保湿成分生成がありその上で病原菌や細菌有害物質のブロックをしており角質層がダメージを受ける事で肌にも影響が出ます。それらは肌への負担を振り返る習慣を持ち水分補給や蒸発防止のスキンケアが求められます。また静電気も地味に悪影響を与えるので起き易い服は着ないに越した事はありません。

↑PAGE TOP

Copyright © 肌の乾燥にはスキンケア All rights reserved